浮気調査に支払う費用

探偵に依頼した浮気調査に支払う費用は一般的に「実費」と「時間給」になるでしょう。実費に含まれるのは、電車やバスなどの交通費、フイルムや現像料などをいいますが、張り込み時の食事代が加算される場合も少なくありません。一方、時間給の方は、調査員の数×調査を行った時間で、費用を算出します。浮気調査を行う期間が短ければ支払い額も安くなります。調査機関に依頼したところ、自分の結婚相手の浮気が明らかになった時、離婚するか気づかないままにするのか心が乱れますよね。まず頭を冷やして、浮気調査を依頼してしまうよりも先に、一度考えてみてはいかがでしょうか。夫婦はお互いに貞操義務が生じると法律に明記されていますから、不貞行為に対する慰謝料を要求して結婚生活にピリオドを打ち、離婚するのもいいでしょう。浮気の裏付けをつかみ取るには、探偵に浮気調査をしてもらうことが最も確実な方法です。ところが、探偵に頼むと結構なお値段なので、どんな人でも簡単に調査を頼めるというわけではありません。探偵に浮気調査を頼んだとしたら、金額はいくらほどかかるでしょう?探偵事務所が変われば価格はそれぞれ異なるので、依頼前に一度見積もりをしてもらうとよいでしょう。浮気の調査を探偵に任せ、歴然とした証拠が発見されれば、慰謝料は配偶者と不倫相手双方に請求することもできます。不信感を抱いてしまった相手と人生を一緒に歩むのはストレスは相当なものになりますから、慰謝料をもらい、離婚することは選択肢の一つかもしれません。それに、配偶者の浮気相手に慰謝料の支払いが課せられれば配偶者との関係を確実に終わらせることができるはずです。浮気の証拠を探偵による浮気調査で得ることができたとしても必ずしも「離婚した方がいい!」とは言い切れないのです。子供がいるご夫婦の場合は特に配偶者の浮気がどうしようもない事実だと知ったところで離婚とは、そう簡単にすることができないものです。相手に請求することのできる養育費は案外少額になりますし、毎月きちんと支払われる保証もありませんから、女手一つで育てるのは容易なことではありません。男手一つで育てることも、また同様に仕事をしながら両立させることはそう簡単ではないでしょう。

探偵の相場は依頼内容で大きく違ってくるので注意が必要です